リフォームでビューティーフルな住宅に【人が羨むやすらぎ空間】

屋根の重要性

案内

リフォームを検討している人の多くは、住宅に何かしらの不備が見つかったからこそリフォームを考えたはずです。しかし不備を見つける前にも、見ただけでリフォームをした方がいいという事がわかるサインがあります。そのひとつが屋根の色あせです。屋根の色あせは一般的に10年を経過している住宅に多く見られます。住宅の知識がなければただの色あせだと思ってしまいがちですが、これはただの色あせではなく、屋根に必要な塗膜が切れてしまっている状態を表しています。塗膜が切れるということは防水機能を失うという事なので、このままの状態が続くと様々な傷みが出てきます。そしてコケの繁殖にも注意が必要です。コケが繁殖することで屋根材が浮き、その隙間から雨水が侵入します。しかしこの雨水はコケによるものだけではなく、風によるひび割れや隙間が原因の場合もあります。屋根のひび割れや隙間ができる原因は長年の風や雨によるものが多く、ひび割れや隙間から雨水が侵入することにより屋根下地にも雨水が染みこんでしまうため屋根全体を傷つけることになります。また、台風などの強風が発生した場合、屋根ごと飛ばされてしまうことにもなりかねません。このような現象が住宅に見られたら迷うことなくリフォームをした方が良いと言えます。

最近のリフォーム業者は様々な塗料を用いるので、自分の理想とする住宅に仕上がります。また、カラーバリエーションが豊富なので、住宅のイメージをガラリと変化させることが可能です。

Copyright© 2016 リフォームでビューティーフルな住宅に【人が羨むやすらぎ空間】​​ All Rights Reserved.